院内写真・リハビリ器機・スポーツリハビリ器機|須藤整形外科クリニック
CONTENTS
ご挨拶
当院の特色
診療内容
ご案内
院長紹介
院内写真
トップに戻る
オーダーメイドインソール
須藤整形外科クリニック
242-0024
大和市福田2158-9
リハビリテーションとは元来人が持っている機能を再建することです。
当クリニックでは主として理学療法士が解剖学・運動学を基本に姿勢や動作をみて、症状(痛み・しびれ等)を軽減します。また、その時の症状の軽減のみならず原因に対してアプローチしていきます。
ウォーターベッド
ベッドに寝ているだけで水圧により全身のマッサージが可能です。水の力で心地よくマッサージしリラクゼー ションにも優れています。
オステオトロン
骨折部に超音波を当てる事で、より骨の回復効果を高めます。本機器は、骨折治療専用でありスポーツの現場でも良く使用されています。
超音波
超音波により体の深い部分を温め環境を改善します。硬い筋肉を和らげる効果や腱鞘炎、組織の癒着改善などに効果があります。
平行棒
立位保持練習、歩行練習、骨折後の免荷歩行の練習、車椅子からの立ち上がり練習等に用いられます。
牽引治療器
牽引部位の筋スパズムの改善や間欠牽引によるマッサージ効果、椎間開大の手助けをして圧迫神経への影響をやわらげていきます。
ホットパック
組織を温めることによって、組織の温度が上昇し循環が改善します。それにより、筋肉の柔軟性が改善され、痛みや感覚の障害を軽減させます。
バイブラ
温浴による温熱効果と、気泡による圧刺激、気泡が破裂する時に生じる超音波刺激などが相乗的に作用します。疼痛緩和を目的とした温熱効果、マッサージ効果、洗浄効果があります。
メドマー
空気圧によって、両足を全体的にマッサージします。疲労回復、筋肉のコリ、神経痛や筋肉痛の緩和に効果があります。
スポーツ動作解析コーナー
スポーツで生じる痛みはほとんどが身体の使い方、動きに問題があります。このコーナーでは、運動における問題を理学療法士が分析し、フォーム・動作の改善を図り、痛みを軽減させます。
ただ単に投球動作やボールを蹴る動作をするだけではなかなか力いっぱいの動作をすることができないため、実際に投球したり、ボールを蹴ったりすることにより問題点及び解決の糸口を探ります。
クライオセラピー
骨折や捻挫により患部が熱を持っているときに、冷気により患部の冷却を図ります。患部を冷却する事で、炎症症状を和らげます。
干渉波治療器
2つの電極を用いて痛い部分を挟み電気刺激を与えます。痛い部分の血流を改善し痛みが楽になります。
低周波治療器(SSP)
患部に直接電極を付ける事により付着部位のみに電気刺激を加えます。それにより限定された部位の痛みの軽減を図ります。
キセノン治療器
光線治療・温熱治療・干渉波通電治療を同時に行う事が出来る機能を有する器械です。特に光刺激を加える事で神経痛に効果があります。
© 2010 須藤整形外科クリニック